ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

セクシャリティーのこと②

IMG_20170601_125312.jpg
ハートの木 







さて、前回のつづきです。

前回、SEXは究極の自己開示であり
自己受容である、って書きました。

それは、自分と相手との関係でもありながら
じつは自分と自分の関係でもあります。

自分の中の両極である、男性性と女性性の関係。

それについては、以前違う角度から書いてるので、良かったら♪
2匹の蛇のお話②
http://kumokumo333.blog31.fc2.com/blog-entry-475.html




ただ、そういうときに
自分を開くことに抵抗があると
なかなか力を抜くことはできないわけで

例えば、両親の関係が
親密さを感じられないものだったり

これまでパートナーシップで辛い体験をしている場合
自分を解放するのが、難しい場合があります。

さらに言えば、このあたりは
女性性の集合無意識的なテーマも
強く働いてるような気がします。
(歴史的に辛い立場が多かった女性たちの思いとか)


相手の期待に応えなきゃいけない
おしとやかにしてなきゃダメ
しっかりしてなきゃダメ
強気でいないとなめられる、とか

または
気持ちよくなってないのがバレたら
相手を傷つけちゃうんじゃないか、とか

自分にはなにか欠陥があるんじゃないか・・



そういうのがあると、あたりまえだけど
リラックスして楽しむなんて、なかなかできない。
そういう意味では、SEXって究極のお試し。



相手を信頼して
心と体の両方で感じて、気持ちよくなって
そこに全身でダイブする。

肉体の気持ち良さを味わうためにも
最終的にはやっぱり、安心感が大事なんだと思います。



ちなみに、ここで私が言っているSEXというのは
単に合体してゴール、という形のものを
指しているわけじゃないです。

女のひとなら、なんとなく感覚的にわかる人も
多いと思うんだけど

挿入しないSEXだって、十分に気持ちよくなれる。
(この辺、男性にはちょっとわかりづらいようですが・・)


感覚が高まりさえすれば、それはなくてもいいし
むしろ、十分な準備ができていないのに
受け入れなきゃならないのは、苦痛なだけです。

さらに、痛みを我慢しちゃうことでよけい
心理的にも肉体的にも、緊張が増してしまったり。



じつはそういう痛みって、SEXのときだけじゃなく
病院の検査なんかで、細い器具を入れる場合でも起きるんです。

大きさや形状など、肉体的にはムリがないはずなのに
強い痛みを感じることがある。

つまり、それは肉体的な問題だけでなく
かなり心理的な問題でもある、ということを
示しているんだと思います。


ちなみに、こういう肉体的な痛みの記憶は
子宮以外にも残るようなので

私の子宮ヒーリングでは
この辺りのアプローチもしています(^^)


まずは、心の緊張を解きほぐすこと

苦痛を感じたときには
ガマンするのではなく

ありのままの状態を相手に伝え
それを受け止めてもらう。

そういう「安心して受け止めてもらう」
という体験がとても大切です。
(もちろん、お互いにね ^^)

そのためにも、日ごろからパートナーと
ちゃんと話し合える関係を作っておくのって
とても重要ですよね。



ただ形を踏襲するのではなく

相手の愛情だったり、肌の感触だったり
体温、声、匂いを感じるだけでも

ゆっくりと体の深いところから
なにかが動き出します。

むしろ、その方がずっと
リラックスして楽しめるはず


こういうことって、人間関係と同じで
コミュニケーションを重ねた分だけ
関係が深まっていくし

二人だけのスタイルを
作りだしていけるんだと思います♪







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




logo1 jpeg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



           
  ★ Hurdy Gurdy ホームページ ★
    瞑想会やイベントの日程など、最新の情報はこちらで確認できます♪ 
    http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy

  ★ Facebook ★
    友達申請をしてくださる方は、必ずメッセージを添えてお願いします♪
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005942862075

                      



 

スポンサーサイト

セクシャリティーのこと①

IMG_20170713_121037.jpg
フィリピンのお土産いただきました♪
スペイン統治時代に伝えられた、スペイン風のお菓子なんだとか。



IMG_20170713_122854.jpg
パッケージもかわゆい
口に入れると、ホロホロと崩れて美味しい♪
ありがとうございました~(*^^*)




 



今月に入って、何人もの方から
セクシャリティーに関する質問をされたり
意見を求められることがありました。

たしかに、私はセッション中に必要であれば
そういう話もするんですが
普段はあまり話題にしない方かも。

なので、今回はめずらしく
セクシャリティーについて書いてみようかと(^^)


正直、私はセクシャリティーが専門ってわけじゃないし
(今は専門の人がたくさんいます)
極めてるわけでもないんだけど 汗

もう少し広い観点から私なりの考えを
ということで書かせてもらいますね。



テーマとしては

・SEXってした方がいいの?
 本当に必要? セックスレスって問題?

・SEXが怖い

・体が拒否してしまい苦痛
 (痛くて)最後までできない





まずSEXが必要かどうかということに関して。

一番究極のところ、ワンネスの観点から言えば
どっちでも良いと思います。

いいとか悪いではなく、すべては
その時の完璧な生命の表れなので

そのとき、自分がそれでいいと思うなら
周りが何と言おうが、それでいいかと。
ただし、結果を人のせいにしなければね(^^)b

なので個人的には
SEXはしてもしなくても、好きでも嫌いでも
間違ってるとかではないと思ってます。

経験豊富だとか、バージンだとかは
べつにその人の価値や能力とは関係ないので
他人がとやかく言うことではないかと。




ただ、その上で
他の体験を楽しむように
SEXを楽しむという観点から言わせてもらえば

それは、大きな喜びと可能性を
秘めているものだというのも事実だと思います。

ちなみに、今回は完全に女性目線で
書かせてもらいますね(^^)



SEXって、肉体的にももちろんそうなんだけど
むしろ精神的な解放の方が大きいような気がします。

それによって、さらに肉体的、感覚的変化が起こる。

ある意味、瞑想と同じようなものなんじゃないかと。
・・というのも、SEXって究極の自己受容だから。

パートナーって自分の鏡だって言いますよね。

その相手との関係って、自分との関係でもあるし
世界との関係を凝縮してたりします。

しかも、瞑想なら一人でできるけど
SEXはそれを二人でやらなきゃならない。

だから、形だけのSEXならともかく
本当のエクスタシーって、自己を溶かして
完全に世界に開放できた分しか、起こらないんだと思います。

でもそれって、簡単そうでいて
じつは一番むずかしかったり。



だってふだん、自分のもっとも奥底に隠している一面を
相手にさらけ出さなきゃならないって、やっぱり怖い。

普段隠している場所を見せたり触らせたり。
あげく、ふだん出さないような声が出ちゃったり
変な顔になったり・・


すごく恥ずかしいし
自分がコントロールできなくなるというのは
とても怖いわけです。

でもそんなこと気にしてたら
気持ちよくなんてならないわけで。


そういう、完全に無防備な状態で
もし相手に拒否されたらどうしよう・・

上手くできなかったら?
なにか失敗しちゃったら・・

そんなことは考える必要はないと、頭ではわかっていても
体はほんのちょっとの気持ちの揺れにすら、反応してしまう。


そういうギリギリのところで
一つずつ鎧をはずしていって

お互いの繊細な部分まで見せ合い、受け止め合う。
そうやって、少しずつ信頼関係を作っていく。

これって究極の自己開示、自己受容ですよね。

そういうことを一人でじゃなく、相手と一緒に体験することで
大きな安心感が得られたり、癒されたり、元気になったり・・

SEXってそういうものなんだと思います。


思ったより長くなっちゃいました。
一回分けましょうね。

続きは次回に。
なるべく早く書きます(^^)






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




logo1 jpeg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



           
  ★ Hurdy Gurdy ホームページ ★
    瞑想会やイベントの日程など、最新の情報はこちらで確認できます♪ 
    http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy

  ★ Facebook ★
    友達申請をしてくださる方は、必ずメッセージを添えてお願いします♪
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005942862075

                      





 

「自分を愛するための子宮解放セラピー」第3弾! 無事終了~♪

IMG_20170712_202440.jpg
新鮮な野菜の差し入れ、いただきました!
わーい♪ 嬉しい💕(*´∀`*)



IMG_20170712_202523.jpg
なんと、セッションの合間のおやつまで!
細やかな気配りに感動
Mさん、ありがとうございました!




reading.jpg
そして相変わらずユルい、白板の題字・・(注 : Tierra作)
そこだけは一年半たっても成長しない 笑







先日の日曜日は、1年半ぶりの

Tierra さんとのコラボセッション

「自分を愛するための子宮解放セラピー」第3弾 

でした。

久しぶりの間近で見た
Tierra さんのリーディング。

最初の感想は

あぁ、子供を産んで育てるって
すごいことなんだなぁ~、と笑


もちろん、出産前だって素晴らしかったんだけどね。

でもなんというか、これまでよりさらに

相手に寄りそって、心の奥まで
届くように伝えていっている・・

そんなふうに感じました。

きっと、言葉の話せない幼児と生活する中で
相手を理解する力や人間性が
どんどん豊かになっていくんでしょうね

常に変わり続けるTierra さんの在り方に
背筋がスッと伸ばされました(^^)



そして、Tierra さんのブログでも書いていましたが
(Tierra さんのブログ 「子宮と本音と破壊の関係性」

今回のコラボセッションでは

手放しのピーク、気づきのピーク
迷いのピーク、統合のピークなど

ピークを迎えていた方ばかり。

よっ、ピーク祭り!ヾ(*´∀`*)ノ



今までなかなか動きだせなかった方は
今まさに動き始める直前の
迷いのピークにいたし

反対に

これまで想像もしていなかった新しい世界に
いままさに飛び出した方も。


どちらがいいとかではないんです。

一人ひとりがそれぞれの道を
力強く進んでいて

なんというか、ある一連のストーリーの
始まりから終わりまでの(もちろん終わりなんてないんだけど)
1つの流れを見せてもらったような

そんな感じでした。



そして、こういうセッションの時には大抵
同じようなテーマで来る人が多いんだけど

今回は本当にバリエーション豊か。

一人ひとりの人間にとって
ちょうどいいバランスやチョイスって
本当にちがうんだよね(^w^)


あの人にとってのちょうどいいは
私にとっては、ちょっとキツイ・・とか

ずっと目立ちたくないと思ってたのに
なぜかどんどん外に押し出されてる・・とか

こういう女性像って、ずっとカッコいいと思ってたけど
やっぱり私には違うのかも・・とか


自分の一番奥に隠れている
本当の素直な気持ちに気づいて

「自分のちょうどいい」を受け入れていく。

そんなコラボセッションになったような気がします。



なんか、私のイメージだと
世界ってけっこう
ビュッフェスタイルなんではないかと 笑

肉や魚が好きな人
野菜が好きな人
デザート命の人
小食な人、大食漢な人

ガッツリ取る方が燃える人もいるし
少しずつ、何回も取りに行くのが好きな人も。


あらゆるものがあるけど
自分の好きなものを、好きな分だけ
取ればいいんだと思います。



今回、いらっしゃった方たちは
それぞれお互いに顔を合わせることはなかったけど

同じ日に、同じ目的で、同じ場所に来たというのは
やっぱりなにか、私たちからはわからない
繋がりがあるんじゃないかな、って感じます。

きっと、今回私たちが目にした一連の流れは
来た方たち、一人ひとりの中に
すでにあるものなんでしょうね。

もちろん、私たちの中にもね(^^)b


ステキな時間でした

次回は秋を予定しています。

暑い中いらしてくださった皆さま
本当にありがとうございました💕







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




logo1 jpeg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



           
  ★ Hurdy Gurdy ホームページ ★
    瞑想会やイベントの日程など、最新の情報はこちらで確認できます♪ 
    http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy

  ★ Facebook ★
    友達申請をしてくださる方は、必ずメッセージを添えてお願いします♪
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005942862075

                      



 

雨の日に考える


IMG_20170601_124528.jpg

おトイレ入ったら、こんなかわいい子が♪
にゃは







最近梅雨のせいで、家にいることが多く
(私は雨があまり好きじゃないので・・)
必然的に、自分の時間が増えてます。

気持ち的にも、なんだか
バリバリ動く気になってないので

ヒマつぶしもかねて
自分を実験台に、瞑想やら観想やら
自己ヒーリングやら・・

いろいろ実験しておりました。

ヒマつぶしとはいえ、腰を据えてやっていたせいか
それが最近、なかなか面白いことに♪

いろいろと予想外の新しい発見がありました。



その中の一つが、認識の変化で

たとえば私と、Aさん、Bさんがいるとして

その一人ひとりの「個」って、ホントにあるの?

ってあたりとか。

ただ、ここまではなんとなく
聞いたこともあるんじゃないかと。


今回はもう一歩進んで

もしかしたらそれって
交換可能だったりして?

って感覚が出てきた 笑


ばか言ってんじゃないよ!

という声も聞こえそうですが

じつはホントにそうかもよ?
みたいな?笑

(これは憑依とか、エネルギー云々とは
 まったく違う話ね。念のため笑)


多重人格なんかでは、人格が変わると性格や病状
時には言語まで変わることもあるそうです。

もし、すべての「個」の可能性が
じつはすでに自分の中にあるのだとしたら?


いいかえれば、すべての「個」の表現は
ぜんぶ仮の表現ってことだよね? 

みたいな笑

まぁ、その辺は、あまり観念的になると何なので
突っ込まないことにして 笑

ディクシャの世界では
すべての感情は、共通の感情帯から
そのつど取り出して使っている

みたいな言い方をしています。


「個」というものは幻想だ、という言い方は
ワンネスの世界では、よく言われてます。

この「私の個」というものは存在しない、ということが
なんだか少しずつ、わかってきました。



いや、存在してるっちゃ、存在している。

でもその「個」は
私のものである必要はないんだな、というか
そもそも「私の個」なんてなかったのかも?

つまり、「個」というものがある
という、一つの状態がある。

でもそれは、誰のものでもない。

そんな感覚です。

わかるかしら・・(^^;)




もちろん、日常いつも、そんな風に思えてる、とか
そういうこと考えてる、とかってわけじゃないですよ。

普段は思いっきり
私のエゴと仲良く暮らしています 笑

「私の個」があるという風に、長い間生きてきてるから
なかなかそこを抜け出すのが難しいのだけど

でも、そうじゃない感覚というものも
かすかに感じ始めてる。



じゃ、この感覚をセッションの中で
応用していくのなら、どうすればいいか。

ある状態をほどくというのは
私がそのある「状態(個)」を認識しているということで

認識できるというのは、そこに差があるから
つまり分離があるからなわけで。

これって、おそらく「自分の個」と
「相手の個」というものがあるという発想です。

その「差」をほどいていく。
ここまではこれまでと一緒。

では、その「差」をどうやってなくしていくのか?
その違いで、かなり変化やスピードに違いが出そうです。


こうやって書くと、なんだか
しち面倒くさいようだけど
実際には、一瞬のこと。

むふふ・・
このあたり、かなりおもしろそうだぁ♪(*^^*)








◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





logo1 jpeg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



           
  ★ Hurdy Gurdy ホームページ ★
    瞑想会やイベントの日程など、最新の情報はこちらで確認できます♪ 
    http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy

  ★ Facebook ★
    友達申請をしてくださる方は、必ずメッセージを添えてお願いします♪
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005942862075

                      



 

うんこドリル

  IMG_20170625_174542.jpg
  先日、国分寺の隠れ家的スポット Turbine Rosenheimさんで
  こちらも隠れ家的お花屋さん(?)Kukkaさんの多肉植物WS♪ 

  お花を生けるのがめっぽう苦手な私も
  周りの人たちに励まされて、どうにか無事完成!

  一つひとつちがう、イタリアやフランスの額縁に
  思い思いの多肉の絵を描きました♪


   IMG_20170625_215323.jpg
  残った子たちも、土にさして♪
  根付いたらいいな~



  IMG_20170626_150209.jpg
  ただいま玄関先で、皆さまをお待ちしております








今日は、他愛もないお話です。

先日大家さんに、ちょっと前に流行った
「うんこドリル」をいただきました。

(いきなり「うんこ」ネタですみません^^;)

これは、知ってる方も多いと思いますが
「うんこ」を題材にした漢字ドリルです。

集中力を切らしがちな
漢字の勉強を楽しく続ける

というのことをコンセプトにした
商品なんだそうです。



私がもらったのは
小学校1年生用のドリルで

たとえば「貝」という漢字だとすると


① うんこのような 貝( )を ひろったよ。

② いえ、それは かい( )のような うんこです。

③ かい( )がらで うんこを はさんで プレゼントしよう。



みたいな 笑


関係ないけど、肉体と密接な関わりがある「うんこ」は
やはり体と相性がいいようで


・うんこを どこまで 口( )に近づけられるか しょうぶだ。



・目に うんこが 入った。


など、なかなか力作ぞろいでした。

まぁ、他愛もないものですが笑




それより興味深かったのが
大家さんが、お孫さんたちにこれをあげたときの反応。


まずは小学校1年生の男の子の反応。


「頭の中がうんこだらけになって
 気持ち悪くなってきた・・」

かわいいー笑

でもこれは正直、ちょっと意外でした。


幼稚園とか、これくらいの男の子って
意味なく「うんこ、うんこ」を連呼して

いつまでもはしゃぎ続ける
「うんこエイジ」だと思ってたので笑

最近の子はそうでもないのかな?


面白かったのが、小学校6年生男子の反応で

「こんなもんで喜んでるから、日本はダメなんだ。
 そんなんだと滅びるぞ!」


おぉ、さすが6年生男子!笑

ここには
「俺を子供だと思ってなめるなよ!」

的な、ちょうど思春期に差し掛かってきた
男の子の気概を感じて、頼もしいです。


で、最後に5年生女子の反応は

ドリルをペラペラとめくりながら
クスクス笑いながら読んでた、とのこと。


これを聞いて

あぁ、男子よ・・
やっぱり女子には敵わないわぁ

と可笑しくなりました。


拒否するわけでもなく
かと言って、過剰に反発するでもなく・・

でも2度はいらないかな、的な 笑

ある意味、女子にとっては
どうでもいいことなんだよね。

そういう意味では、男子にとっては
「うんこ」とは、子供と大人を分ける
リトマス試験紙のようなものなのか?(^w^)

面白かったです♪


ちなみに、「男」と「女」という漢字の例文では

・だん( )子は 一日中 うんこの 話を して います。

・女( )の子の 前では うんこの 話は やめて おこう。



でしたとさ笑







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





logo1 jpeg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



           
  ★ Hurdy Gurdy ホームページ ★
    瞑想会やイベントの日程など、最新の情報はこちらで確認できます♪ 
    http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy

  ★ Facebook ★
    友達申請をしてくださる方は、必ずメッセージを添えてお願いします♪
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005942862075

                      



 

 | HOME |  »

プロフィール

Yoko Hurdy

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

お知らせ (41)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (57)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (195)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示