ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

ホドロフスキー


1411555351484.jpg
先日、初めて奥秩父の三峯神社に行ってきました♪




1411555282585.jpg
このご神木、すごい気を発してます!






またこんなに長くブログを放っぽりだしてしまった・・(^^:)

もう、どうぞたまにカトウヨウコに起きる病と思って
お許しくださいませ(笑)



さて、先日アレハンドロ・ホドロフスキー監督が
23年ぶりにまた映画を撮ったというので
さっそく観てきました。

このホドロフスキー監督
「エル・トポ」という、伝説的なカルト映画を作った監督で
若かりし頃の私は、この映画で救われたと言っても
過言でないくらい影響を受けた映画です。

ジョン・レノンがこの映画をいたく気に入り
興行権を買い取ったことでも知られてます。

そんなホドロフスキーが
幼いころからの虐待、いじめ、人種差別など
壮絶な人生を送ってきた彼自身の
自伝をもとに撮った今回の作品、「リアリティのダンス」は

今年86歳とは思えぬ瑞々しい感性によって
連綿と連なる一族の苦しみを癒す
その奇跡を描いた、素晴らしい作品でした。

リアリティのダンス。
まさに私たちの人生は、すべてダンスなんだな。


さらに今回、また気持ちに火がついて
約20年ぶりに「エル・トポ」を、ビデオで観賞。

今見ても、まったく古びない
本当に素晴らしい作品でした。

深い闇を経験した人間なら、皆たどるであろう
長い旅路が描かれています。

人間の苦しみというものを
神聖な魂の視点まで昇華した
類を見ない作品です。

この映画を悪趣味と見るか
神聖なものとして見るかは
見る人によって、意見が分かれるかもしれないけど

でも、私たちがもうお手上げなくらい
手も足も出ないくらいに打ちのめされたとき

深い泥沼の中から立ちのぼる神聖さというものが
あるということを信じさせてくれる
奇跡のような映画でもあります。

一般的には、タブーと言われる描写が多いので
万人にはオススメできる映画ではないけど
とてもスピリチュアルな視点にあふれた映画です。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




  10月の瞑想会のお知らせ 


   10月19日(日)14:00~  残席3
    


初めての方も大歓迎

今回も、ありのままの自分を受け入れるための
ちょっとしたヒントをお話ししたいと思っています。

もちろん、大好評のディクシャも体験できますよ♪


参加ご希望の方は、下記のアドレスまで
あっとを@に変えて、ご連絡ください。

 hurdygurdy.ciaoあっとgmail.com

 注: 48時間以内にこちらからの返信がない場合は
    お手数ですが、もう一度ご連絡をお願いいたします。



★場所   紅茶グマ焼菓子工房(東新宿駅徒歩5分
                  or山手線新大久保駅徒歩10分
                  or総武線大久保駅徒歩15分)
★時間   14:00~16:30
★参加費  3000円(お茶&お菓子付き)


  
   
瞑想会の内容はコチラ♪↓
http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy#!untitled/c16wc

パワフルなヒーリング効果もある共鳴瞑想。
月に一度の自分メンテに、どうぞご利用ください




 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆











スポンサーサイト

至福の一日


昨日は、ひょんなことから我が家で
北海道から演奏会とCD作成のために東京にいらしていた
ピアニストの紀(とし)さん
友だちのゆかりちゃん美穂さん、私の4人で
「音の癒し」についてのお話会を開くことになりました♪

紀さんは、とても珍しい
ピアノによるヒーリングセッションもしている方で
その音は、まるで聞く者に寄り添うかのように
やさしく、ゆっくりと体に染み込んできます。
聴いていると、まるで音のゆりかごに入っているみたい。

ピアノって、どちらかというと個人プレーができる楽器なので
「聞く者を魅了する」とか、「圧倒する」的な演奏がほとんど。
それはそれで大好きなのだけど
紀さんのピアノはまるで、自然の中で聴く音のようで
音の瞑想というのがぴったりでした。

オーラソーマのセラピストさんであると同時に
クリスタルボールの演奏家でもある美穂さんは

その音色も本人も
繊細で水のような透明感と
大樹の根のような存在感があります。
その透きとおる光のような音色に
友人一同、いつも癒されてます。

画家であり、ヒーラーでもあるゆかりちゃんは
本人も自分の個展でガンクドラムを使った
ミニコンサートを開くほどの音フェチ(笑)
ちょいちょい一緒にコンサートに行く
音楽仲間でもありました。

こんな3人と、好きではあるけどまったく素人の私が
一緒に音の話をさせてもらえるなんて
本当に幸せな一日でした。

最近気になっていたソルフェジオ音階についてや
多岐に渡る話はもちろん
実際にガンクや音叉を使って
思う存分音で遊び、子供に帰りました。

ソルフェジオ音階とは
グレゴリオ聖歌などに使われていたとされる音階で
愛と癒しの周波数といわれる、528Hzを含む音階です。

その癒しのパワーはDNAの修復まですると言われ
かのジョン・レノンも使っていたとのだとか。

さらに今回は、紀さんから予想外のプレゼント!
なんと! 我が家のキーボードを
ソルフェジオ音階にチューニングしてもらいました~!


131002_0128~001


わーい、わーい!(*^^*)
まさか我が家のキーボードが
ソルフェジオ周波数になるなんて!

夢にも思ってなかったので本当に感激です。
紀さん、ありがとうございました!

これで、私のおぼつかない演奏でも
しっかり癒されそうです!(^^)b
しばらくは音の癒しにはまりそう♪




★セッション料金改定のお知らせ


11月から、0のセッション料金を
ほんの少しアップさせていただくことにいたしました。

現在      11月~
9000円 → 10000円(対面)
7000円 →  8000円(遠隔)

詳しくはコチラ↓
http://kumokumo333.blog31.fc2.com/blog-entry-337.html

皆さまには、ご負担をおかけいたしますが
どうかよろしくお願いいたします。


★ 0のセッション 一周年記念キャンペーン


この度、0のセッションが
無事一周年を迎えることができましたことに感謝をこめて

10月中に0のセッションを受けていただいた方に、もれなく
次回半額にてお受けいただける半額チケット
(2回目も10月以内なら半額の4500円。
2回目が11月以降なら半額の5000円)

または、無料にて15分間の遠隔ヒーリングをお受けいただける
プチヒーリングチケットを差し上げます!

詳しくはこち↓
http://kumokumo333.blog31.fc2.com/blog-entry-337.html

皆さまのおこしを、心よりお待ちしております♪






『クラウドアトラス』



cloud_atlas.jpg


週末、『クラウドアトラス』という映画を観てきました。

前回に引き続き、また映画のお話でナンですが
この映画はぜひ、たくさんの人に観てもらいたい!

あの『マトリックス』の監督でもある、ウォシャウスキー姉弟と
『ラン・ローラ・ラン』や『パフューム』の
トム・ティクバ監督との共同脚本・監督作品です。

『ラン・ローラ・ラン』も好きだったし
とくにウォシャウスキー姉弟が脚本・制作を手がけた
『V・フォー・ヴァンデッタ』という作品が
とても好きだったのですが

この両監督には、けっこう違うイメージを持っていたので
今回のタッグが、いったいどうなるのか
まったく予想がつきませんでした。

でも、いったん映画を観だしたら
そんな心配は、まったく吹っ飛んでしまった。



映画では、6つの時空を超えたストーリーが交錯するのですが

その一つひとつのストーリーがまるで
それだけで一本の映画を観るかのごとく
重量感たっぷり!

さまざまな時代の、さまざまな国や人種
男女、年齢、価値観のストーリーの中で
人々がつねに、自由と平和を求めて格闘し続ける姿が
愛情をもって、丁寧に描かれています。

さらに、まったく違ったように見える、一つひとつのストーリーが
じつは、ある一つのテーマを軸として、時空を超えて互いに連なりあい
そのことによって、さらに壮大で神秘的な
宇宙のストーリーを出現させます。

『マトリックス』で生み出された世界観が
『V・フォー・ヴァンデッタ』で青年期を迎え
今回の『クラウドアトラス』で成熟を極めたって感じ。

『マトリックス』や『V・フォー・ヴァンデッタ』では
その「自由と平和」を手に入れるまでの
怒りや戦いが、より色濃く描かれていたけど

今回の作品では、怒りも、悲しみも、過ちも、愛も、喜びも・・・
あらゆるものが、人間の愛しい生の輝きの一つとして
より深い視点から描かれているような気がしました。

彼らが一貫して描こうとしてきた「自由」

それは、世界の一部だけを切り取って見ることで
私たちがみずから閉ざしてしまっている、その目を覚まし
本当の意味で、自由になること。

多くの戦いを経て、人類がやっとたどり着く答えとは・・・



まさに今、多くの人に観られるべき映画だと思います

3時間という長編にも関わらず
最後まで、まったく時間を忘れて観ちゃいました。

今、とっても魂が喜んでいるのを感じます


皆さまも良かったら、ぜひ映画館に足を運んでみてください。
今年一番の映画です!(・・って、まだ3月だけどね(笑))

あぁ~、やっぱ私も、もう一回観よう!(笑)




アトリエ・ワイエス・ワークショップ


気づけば、今月一回もブログを更新してなかったのね・・・。(^^;)
別に書くことが無かったというわけではないのだけど
むしろ、いろいろと感じるところの多い日々だったので
書くよりも、そこにとどまって感じる方に時間を使いたかった
というのが本当のところかな。

先週末の三連休は3ヶ月ぶりに、表現アートセラピーの
アトリエ・ワイエスのワークショップに参加してきました。

というのも、ここ最近私が考えていたことと
びっくりするくらいテーマがリンクしていたので
これはきっと神様のお導きかしらん?と
急遽参加を決めたわけです。

そのテーマというのも
ブログにもここ1ヶ月くらいしつこく書いていた
光と闇を超えるための視点、について。

ジャッジすることなしに光と闇とに向き合い
さらにそれらを超える視点をもつためのものでした。

で、感想はというと・・・
ふぅ~・・やっぱりここのワークは本当にすごい・・。

やっているひとつひとつのワークは、あるいみ象徴的なもので
自分の持っている闇をいちいち具体的に表現するわけではないのだけど
すべてのワークが、必ずその人のオリジナルなものになって
一人ひとりの深い変容を促す儀式みたいになるのです。

そして今回私の場合は、「光と闇」というテーマはもちろん
さらに、「表現」ということについても
かなり考えさせられるワークとなりました。

自分の中に、ある種の表現に対する強い抵抗を発見して
本当にびっくり。

その抵抗の強さと言ったら・・・
体が緊張しまくって、ワークの初日から階段から落ちてあざだらけになるし
さらにワーク中ずっと全身筋肉痛になる、という情けない状態に・・(^^;)

でもまさに、それも表現された体の声。
またひとつ大きな気づきがありました。

毎回ワークを終えて思うのは
人間が変わるときに一番必要なものって
安心する場、なんじゃないかなぁ、ってこと。

ワイエスのワークのことを、参加者同士で
「初対面で一緒に銭湯に行くみたい」と言って笑いあったけど
ホント、そんな感じなの。

普通、初対面の人に対してって緊張するし
あまり自分の、弱かったり柔らかい面って出さないでしょ?

でもワイエスのワークショップでは
「ジャッジしない」という唯一のルールによって
みんな安心して自分の弱さと向き合えるし
同時に、自然と人の弱さにたいしてもやさしくなれる。

私たちは生きていく以上
どうしたって人との関係で傷つくことがあるわけで
私は、人との間でできた傷は
最終的には人との間でしか癒せないと思っているのですが

このワークに出ていると
普段はお互いが背負った制限から(緊張とか懐疑心とか)
なかなか素直に見ることができないけど
人間って本当は、こんなに受容する力があるんだなぁ、と
感動して涙が出てきてしまう。(笑)

ワークの中で生まれる人間のつながりは
本当にやさしくてたくましくて・・。

こういう、人とのやさしい経験を通して
私たちは自分の傷をゆっくり癒していけるのだろうな。

こんな魔法のような場所を作り出してしまう
吉田エリさん、スタッフの方々
そして、ともにワークに励んだ仲間たちに
本当に感謝感謝の3日間でした。

ありがとうございました!



110219_1304~001

今日のフクロウ






口琴ナイト


口琴話つづきでなんですが
昨夜は、北千住の倍音カフェ(!)
コズミックソウルでの口琴ナイトに参加してきました!


100926_2006~001
ちょっとあやしい雰囲気・・?


倍音カフェなんてものが存在することすら
最近まで知らなかったのだけど・・・

いました、いました。
安住の地を求めてさすらう口琴マニアたちが!(笑)

私は基本、あまりマニアックな方ではないのですが
ごっつうマニアな人たちに囲まれて
楽しい時間を過ごしました

本当は前にも登場した(9/14ブログ)
ビッキーさんのライブのはずなんだけど
なぜかいつも参加者入り乱れて口琴をかき鳴らす
口琴狂乱ナイトと化します。

一人で練習する口琴も楽しいけど
こうやっていろんな人の鳴らす音の中に
身をゆだねながら過ごす時間は
またちょっと違う感じで、時間(と理性?)を忘れます。

プリミティブな音というのは
なにか体の奥底に眠っている理性以前のなにか。
原初の感性とでもいうべきものを
取り戻させてくれるような気がする。

今回もいろいろ見たことのない楽器やら
はては楽器でないものまで(?)
やっぱり音をならすっておもしろい!って
純粋に思える、楽しい夜となりました。



100926_2030~001
これはスプーン2本を使って音を鳴らす妙技!
よっ! おみごと!


他にもコンビニのデザート用プラスチックのスプーンで
本物の楽器と見まごうばかりの音を鳴らす強者まで!!

コズミックソウルではこのほかにも
クリスタルボールやアイリッシュ音楽など
様々な音楽イベント、ライブをやっています。

さらに「占いナイト」や、
オーラチェック、パワーストーン
カードリーディングなどもする
「オーラと石と中国茶会」なんてのもあったみたいですよ。

ご本人もホーメイ&口琴奏者である店主のコウヂさんは
石にも詳しく、店内いたるところで
素晴らしいパワーストーンたちが出迎えてくれます。
もちろん購入することもできるみたい。

とても気さくな雰囲気で楽しくなるお店ですので
興味のある方は是非足を運んでみては!


「コズミックソウル」
http://www.cosmicsoul.jp/index.htm




 | HOME |  »

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(新宿・国分寺)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

お知らせ (41)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (50)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (191)
心と身体の話 (35)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示