ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

イブニング・セミナー


昨日は約半年ぶりのエリックの来日で
私もイブニング・セミナーに参加してきました。

イブニング・セミナーは本来、リコネをあまり知らない人や
その後の本セミナーに参加する人たち向けなのですが
私たちプラクティショナーにとっても十分聞き応えのあるものです。
今回私なりに感じたことをちょっと書いてみますね。

セミナーの中でエリックはしきりに
私たちにチャレンジし続けるように励まします。

何のチャレンジかと言うと、それは
「恐れを増やしてはいけない」ということ。

でもある意味、それはよく聞くことでもありますよね。
いわゆる「引き寄せの法則」とか。
思ったとおりのことが引き寄せられるので
悪いことは考えてはいけない、ってやつ。

ただリコネクションの場合
そういうのともまた少し違います。

リコネクションの世界はいわゆる二元論ではありません。
善と悪、明と暗、陰と陽・・・そういうものを超えて存在するものです。

なので、良いことを引き寄せる、とか
悪いことを考えない、とかっていうことがありません。
普通のヒーリングのように
「治す」「良くする」という発想すらありません。

ただ受け取り、観察する。
単純!明快!これだけです。

それは宇宙や自然のあり方です。
リコネクションでは、
その宇宙や自然とのバランスをとることによって
結果的にヒーリングが起こるのです。

そしてまさにそのことに
恐れを超えるヒントが隠されていると思うのです。

私たち人間が生きている二元論の世界は
常に「善悪」という概念にとらわれています。
それは常にジャッジし、ジャッジされるということでもあります。

で、その「善」と「悪」は誰が決めるかというと
その場の、あるいはその家庭の、その学校の
その会社の、その社会の、その国の・・・(延々々々・・)
要はその時属しているコミュニティーによって決められるわけです。

なので、そのコミュニティーから一歩外に出ると
それまでの「善悪」がちっとも通用しなくなったりします。

今のままの自分でOKなのか? ダメなのか?
それはとても大きな緊張です。

しかし誤解を恐れずに言えば
リコネクション的には、何でもOKなんです。

よく、スピリチュアルであるためには
自然食を食べて、日々瞑想して、場を浄化して・・
たとえば、コーラを飲んじゃいけない(笑)、とかあるわけです。

確かにそれらは私たちが前に進むのを大きく助けてくれます。
ただ、もしそうしないと不安になるのだとしたら、それは逆効果ですよね。

さらに究極的に言ってしまえば
「これをすると良い」という発想自体が
「これをすると悪い」ということを前提としていて
それではどうしても
「悪いものに対する恐れ」というものから解放されないのです。

しかしリコネクションにはそういう発想すらありません。
ただ、バランスが取れると自然に
不健康な習慣が減ってくるだけです。

恥をさらすようですが
私はけっこう長い間、タバコを吸っていました。

それがリコネクションを受けて半年くらいたったころ
これだけはなかなかやめられない、と思っていたタバコが
なんとなく自然に欲しくなくなりました。

それまで、何度禁煙しても果たせなかったのに
ある時吸うのを忘れて、それ以来吸わなくなりました。

べつに禁煙できるように治したわけではなく
バランスが取れてきた結果
自然にタバコが欲しくなくなったのです。
(タバコがバカ高くなる前にやめられて良かった・・(^^;))

とにかく全てを受け入れ、観察する。
本当に不思議ですが、まさにこのことが
リコネクションが驚くようなヒーリング効果を生む理由なのです。
これこそリコネクションをリコネクションたらしめるものです。

じゃあ、何でも良いなら人を殺してもいいのか?
と思うかもしれません。

では、それは私たちにとって、バランスのとれた状態でしょうか?
リコネクションによってバランスがとれてくると
私が自然にタバコをやめたように
わざわざ人を殺したいと思うことはなくなるでしょう。

私がタバコをやめられなかったのは
その裏に、恐れや緊張があったからです。
そしてなかなか禁煙ができない自分に罪悪感も持っていました。

私はそのことで自分のことをジャッジして
「悪い」というふうに決め付けていたのです。

でもリコネクションは、その悪い私を治すのではなく
全体のバランスを取ってくれ
そのことで結果的に禁煙させてくれました。

ジャッジの背景には必ず恐れがあります。
ですが、恐れというのは幻想です。
どうか恐れという幻想から抜け出してください。

・・とそうは言っても、もちろん難しいし、
それゆえエリックも、「チャレンジ」という言葉を使っています。
私自身、しょっちゅう失敗の繰り返しです。(^^;)

ただ、失敗をもジャッジしない、というやり方であれば
失敗しても何度でもやり直せると思うのです。

今のままの自分
負の部分ですら受け入れられる、という経験によって
初めて人は癒されていくんじゃないかな、と思います。

ただ受け取り、観察する、ということで
私たちはもっと早く光へと向かうことができるのかもしれません。

私たちは恐れを克服してはじめて光に近づけるのではなく
恐れを抱えたまま、光に入っていくことができるのです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumokumo333.blog31.fc2.com/tb.php/103-e3814564

 | HOME | 

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

お知らせ (41)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (56)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (195)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示