ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

表現者と評論家


世の中には表現者と評論家がいるような気がします。

表現者というのは
常に自分をどのように表現するかに心を砕く人。

この人生で、どのように自分を表現したいのか?
そして、その中でどのような経験ができるのか?
それが一番の関心事。

一方評論家は、人の表現の評価をし
世の中の動きを語ります。

評論をするということが
その人の表現になっている場合もありますが
多くの場合、それは何かに対する単なる評価です。

「ここはいいけど、あそこがダメ」だの
「なかなかいいんだけどねぇ~」なんて言う事が
まるで自分の表現であるかのように思いがちですが

それはあくまでも、自分の表現というわけではなく
他人の表現の評価をしているだけです。

たしかに他人を評価、あるいはジャッジする時って
まるで自分が強くなったような気分になりますよね。
でもそれは、あくまでも一時的なもの。

一見強気な評論家も
いざ純粋に自分だけの表現となると
途端に弱気になることが多いもの。

私自分も、知らないうちにやってしまうことがあります。
それはたいてい、失敗することや他人の評価を恐れて
自分の意見を言ったり、表現をするのを避けようとした時です。

要は怖い時ほど、人の評論をしてしまう。

そしてたいてい、後でちょっと苦い思いが・・。
人のふんどしで相撲をとってしまった・・みたいな(笑)

自分の表現を持つ、ということは
自分に責任を持つ、ということで
同時に、自分を自由にしていくことでもあります。

なので自分がどのくらい自由であるか、あるいは不自由であるかは
表現しようとする時の恐怖の度合いによって測れます。

その恐れと向き合って始めて、自分の今いる場所がわかるし
そこからどっちの方向に進みたいのかが
はっきりしてくるのかもしれませんね。

表現者であろう、という姿勢は
自分の人生の手綱を自分で持とうとする
現われなのだろうと思います。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        お知らせ

7月中に国立のサロンでセッションをされる方に限り
りコネクティブ・ヒーリングを特別価格にて提供いたします。

15000円 → 12000円  (何回でも!)

混迷を深めるこんな時代に
ぜひ一人でも多くの方に
リコネクションを受けていただきたいと思っています。

皆さんのお越しをお待ちしております♪



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumokumo333.blog31.fc2.com/tb.php/172-fbb713af

 | HOME | 

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

お知らせ (41)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (61)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (199)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示