ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

『クラウドアトラス』



cloud_atlas.jpg


週末、『クラウドアトラス』という映画を観てきました。

前回に引き続き、また映画のお話でナンですが
この映画はぜひ、たくさんの人に観てもらいたい!

あの『マトリックス』の監督でもある、ウォシャウスキー姉弟と
『ラン・ローラ・ラン』や『パフューム』の
トム・ティクバ監督との共同脚本・監督作品です。

『ラン・ローラ・ラン』も好きだったし
とくにウォシャウスキー姉弟が脚本・制作を手がけた
『V・フォー・ヴァンデッタ』という作品が
とても好きだったのですが

この両監督には、けっこう違うイメージを持っていたので
今回のタッグが、いったいどうなるのか
まったく予想がつきませんでした。

でも、いったん映画を観だしたら
そんな心配は、まったく吹っ飛んでしまった。



映画では、6つの時空を超えたストーリーが交錯するのですが

その一つひとつのストーリーがまるで
それだけで一本の映画を観るかのごとく
重量感たっぷり!

さまざまな時代の、さまざまな国や人種
男女、年齢、価値観のストーリーの中で
人々がつねに、自由と平和を求めて格闘し続ける姿が
愛情をもって、丁寧に描かれています。

さらに、まったく違ったように見える、一つひとつのストーリーが
じつは、ある一つのテーマを軸として、時空を超えて互いに連なりあい
そのことによって、さらに壮大で神秘的な
宇宙のストーリーを出現させます。

『マトリックス』で生み出された世界観が
『V・フォー・ヴァンデッタ』で青年期を迎え
今回の『クラウドアトラス』で成熟を極めたって感じ。

『マトリックス』や『V・フォー・ヴァンデッタ』では
その「自由と平和」を手に入れるまでの
怒りや戦いが、より色濃く描かれていたけど

今回の作品では、怒りも、悲しみも、過ちも、愛も、喜びも・・・
あらゆるものが、人間の愛しい生の輝きの一つとして
より深い視点から描かれているような気がしました。

彼らが一貫して描こうとしてきた「自由」

それは、世界の一部だけを切り取って見ることで
私たちがみずから閉ざしてしまっている、その目を覚まし
本当の意味で、自由になること。

多くの戦いを経て、人類がやっとたどり着く答えとは・・・



まさに今、多くの人に観られるべき映画だと思います

3時間という長編にも関わらず
最後まで、まったく時間を忘れて観ちゃいました。

今、とっても魂が喜んでいるのを感じます


皆さまも良かったら、ぜひ映画館に足を運んでみてください。
今年一番の映画です!(・・って、まだ3月だけどね(笑))

あぁ~、やっぱ私も、もう一回観よう!(笑)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumokumo333.blog31.fc2.com/tb.php/297-f60197a3

 | HOME | 

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

お知らせ (42)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (66)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (202)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示