ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

闇夜の散歩


お料理マスター、みどちゃんとこに入りびたり・・・

130610_1323~001
ランチ・新じゃがのグラタン、ラズベリーとくるみのパン
    トマトとマッシュルームとエシャロットの卵、カフェオレ
    グラタンが超美味


130610_2031~001
ディナー・じゃが芋とさつま芋の素揚げ、ピラフ、鴨のコンフィ
     セロリと人参の鴨のスープ
     鴨のコンフィ、絶品でした

一日、ごちそうさまでした(^^)






我が家から5分くらいのところに、某国立大学の裏門があって
入るとちょうど、大学の農園や果樹園が広がっています。
こんなところ↓

CIMG0999.jpg
冬の写真しかなくて・・・すみません(^^;) でもステキなところでしょ


まるで都会とは思えぬのどかさで
昼間時間があると、よくランチを持って食べに行くのですが
じつは裏門は夜の10時まで開いています。

最近フッと思い立ち
夜行ってみたらどうだろうか、と。

さすがに、一人だと怖いので
ダンナを誘って、まずは8時頃決行。
その日は曇り空のせいか、けっこう明るい感じでした。

星空とかの方が明るいと思うでしょ?
でもそこが都会の限界で
雲があった方が、町の明かりが反射して
けっこう明るいのです。

畑にはまったく電燈がありませんが
50メートルくらい離れた、となりの会社の出入り口の明かりやら
かなり離れた場所にある建物の光やら
それなりに見えて、真っ暗というわけではありませんでした。

とは言え、日常ではめったに経験しない暗闇です。
大きな木が何本も、風にゆれてザワザワと音を立てていて
足元の草を踏みしめる音と感触はわかるけど
地面のでこぼこなんかはまったく見えません。

ちょっと離れた田んぼでは
すごい数の蛙が鳴いています。

てっきり夜の静けさと心地よさを感じるだろう、と思って行ったのですが
予想に反して、なんとなく薄気味悪く
いつものベンチに座っても、なんだか落ち着きません。

頭の中にあったイメージでは、もっとクリアな暗闇というか
もっとわかりやすいイメージだったのに
実際には、なんだかモヤ~ッとしていて薄気味悪い感じ。

それでも30分くらい曇った空を見てたら、だんだん落ち着いてきて
風でワサワサいってる音が、不安を掻き立てることもなくなってきました。

そもそも、ワサワサも暗闇も意味はないのですが
私が勝手に、外国映画の怪しいお城のバックみたいな
おどろおどろしいシーンを妄想して
自作自演で怖がるわけです。

日本に存在しないくらい大きなコウモリが
バサッ、バサッ!ギャ~ッ!とか鳴いたり(笑)

・・・とそんな気づきを持って初日は終了。



二回目。
一回目と比べて、だいぶ余裕です。
晴れていたせいか、一日目とくらべてもかなり暗く
足元に気をつけながら歩きました。

いつものベンチに座って夜空を眺めていると
星が見えたこともあってか
前回とはうって変わって、とてもいい感じ。
すぐに心地よい静けさが訪れました。

夜の散歩中は、ほとんどしゃべりません。

おしゃべりすると、せっかくの普段は見せてもらえない夜のプレゼントを
もらい損ねてしまうような感じがするのです。

昼間でも、自然の中にいると心が落ち着きますが
せいぜい30分ほどの夜の散歩は
昼間以上に心を落ち着かせる効果があるようです。

同時に、自然と前向きな気持ちになるし
なぜかとても自由な気分になってくる。

ちなみに、何度か行くうちにわかったのですが
どうもここには、いろいろと野生生物も生息しているようで
猫よりはちょびっと大きいけど、猫より丸っこいシルエットが
モコモコ走って行ったりするのが、うっすら見えます(笑)

ときには、けっこう近く(1メートルくらい)の茂みまで寄ってきて
小さい声でキュ~キュ~鳴いたり。

最初こそ、びっくりして飛び上がりましたが
向こうとしては、あまり私たちのことを恐れていないようです。
昼間は竹やぶや茂みの中に隠れてるのが
夜には安心して出てくるのでしょう。


暗闇はきっと、私の心の鏡なんだと思います。
昼間の世界ももちろん、そうなんですが

たとえて言えば
昼間が私の心を物質化して見せてくれるとしたら
夜にはそれを、形としてではなく
それ以前のそのものを、ありのままに
体験させてくれる力があるんじゃないのかな、と。

ちゃんと目を向けてなかった自分と
ゆったりと対面するような感じでしょうか?

今年の夏は、闇夜の徘徊がクセになりそうです(^^)
皆さんも、いい場所があったらぜひお試しを♪



前回の共鳴瞑想の感想を
オルフェさんが書いてくださいました♪

人によっていろいろですが
一つの体験として読んでいただければ面白いと思います(^^)
http://olufe.blog.fc2.com/blog-entry-6.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumokumo333.blog31.fc2.com/tb.php/312-27eec205

 | HOME | 

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

お知らせ (41)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (53)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (194)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示