ハテナ?の王女さま

                    ハーディ ガーディの日々雑記             

ヒプノ体験



  4月の共鳴瞑想&ディクシャの会 


   4月20日(日)14:00~  


初めての方も大歓迎
セッションを一回受けるのと同様
または、それ以上の変容が起こる可能性も 

月に一度のメンテナンス、またはシフトのサポートとしても
十分ご利用していただけると思います。
興味のある方、ぜひご一緒しましょう♪

 参加ご希望の方は、下記のアドレスまで
 あっとを@に変えて、ご連絡ください。
 infoあっとhurdygurdy.ciao.jp

 注: 最近、こちらからの返信メールが届いていないということが何件かありました。
    48時間以内にこちらからの返信がない場合は
    お手数ですが、もう一度ご連絡をお願いいたします。


★場所   紅茶グマ焼菓子工房(東新宿駅徒歩5分。
                      or山手線新大久保駅徒歩10分。
                      or総武線大久保駅徒歩15分。)
★時間   14:00~16:30
★参加費  3000円(お茶&お菓子付き)

     
瞑想会の内容はコチラ♪↓
http://kumokumo51.wix.com/hurdy-gurdy#!untitled/c16wc






先日、お友だちの沙羅ちゃんに
ヒプノセラピーをしてもらいました

ヒプノは、いわゆる催眠療法というもので
心の深層部にアクセスすることによって
自分の過去や過去世はもちろん

未来の自分やら、魂とつながることで
(これらの存在をどう捉えるかは別として
要は、隠れた自分の可能性をある種のイメージによって知ることで)
問題を解決したり、自分を知るためのセラピーです。

正直、私はこういうのはもう必要ないかな、と思ってたんだけど
そこは、沙羅ちゃんがやってるんだからきっと面白いんだろう
ということで、お願いすることに。

そのセッションの中で、今の私にとって
すばらしいギフトがありました。
それは、インナーチャイルドとつながっていたときのこと。

3歳くらいに見える私は
なんとなく不安げで、こころもとない様子でした。

私は小さい頃、ほとんど手のかからない子供だったらしいのですが
口数も少なく、放っておけば一日中でも
ひとりで黙々と、砂あそびをしているような子供だったそうです。

母は、てっきり私を自閉症だと思い込み
病院に連れていったこともあるのだとか。

ヒプノのセッションで出会った、この3才くらいの私は
どうすればいいのか、どうすれば怒られないのか
さっぱりわからずに、ちょっと怯えているようでした。

沙羅ちゃんの誘導で、その3才の私に話かけ
どうしたいのかを聞き、それを一緒にやってあげました。

私はその3才の私と、陽の光がさす明るい森を散歩しました。
その間、彼女はしゃがみこんで団子虫をつまんでみたり
風にゆれる葉っぱをじーっと見ていたり・・

私と一緒にいることを、一応認めてはいるようでしたが
かと言って、こちらを見たり、しゃべりかけてくるでもなく
自分の興味に夢中になっているようでした。

大抵こういうセラピーでは
満足した子どもに「また会おうね」って約束して別れる
あるいは、まだ緊張しているようだったら
これからは大人である私が必ず守るからね、と約束したり
ハグしたりするんだけど・・

ひとしきり遊んでから、その子の顔を見てみると
その子はちっとも笑ってません。

でも怒ってるとか、悲しんでるというのでもなく
かと言って、無関心なわけでもなく
ただその大きな黒い瞳で、私を見つめています。

ちょっととまどいつつ、その子の顔をじっと見ていると
だんだんその子の顔が大きくなってきて
その大きな黒い瞳から目が離せなくなりました。

まるで吸い込まれるんじゃないかと思うくらいの、その深い瞳に
動揺しつつも目が離せないままでいると

今度はまるで、日常を写していたカメラの焦点が
ものすごい勢いで近づいていって、そのまま対象を突き抜けて
一気に宇宙空間に飛び出したかのような感覚に放り込まれました。

その子の瞳の奥には、深遠な宇宙が広がっていて
それは、どこまでも深く深く続いているようでした。

その感覚は圧倒的なもので
私はびっくりというより、完全に固まっているような状態。

その子は宇宙そのもので
その目は、ただすべてを見ているようでした。

彼女はまったく苦しんでいませんでした。
というより、子供ですらありませんでした。

その存在は
ただ「すべてを観察するもの」でした。

私はただただ圧倒されて
畏敬の念しか浮かばない。

しばらくその感覚に身をゆだねているうちに、
その子はじつは最初から
ほんの少しだって傷ついてはいなかった、ということが
はっきりとわかりました。

これは私にとって、とても大きな認識でした。
信じられないような、でもどこかで
「やっぱり!」という感覚も。

やっぱり私たちの本質は
決して傷ついたりしないんだってことが
実感としてわかった、という感じです。

そしてその後、終わり際にもう一つのギフトが。

沙羅ちゃんの誘導で
自分を守護する存在から、メッセージをもらう
というのをやったときのこと。

私は、この仕事を始めるずっと前から観音さまと縁があり
何かと助けてもらっていました。

それで、その観音さまに
これから私がやるべきことについての
メッセージをお願いしました。

それは、何度も身に覚えのある感覚。

柔らかく、でも力強い、深い慈愛のようなものが私を包み
あぁ、居てくれてるなぁ、と感じました。

そして「あなたの中の喜びと慈愛を大きく解放しなさい」
というようなメッセージが来た、と思ったと瞬間

ものすごいエネルギーが体の中から溢れ出てきて
またまた圧倒されて、固まる私。
それはまさに「喜びと慈愛」のエネルギーでした

私はその間、目をつぶっていたのですが
横に座っていた沙羅ちゃんもそのエネルギーを感じたらしく

「わぁ~、すごい~!」って言って
泣き出してたり(笑)

と、そんなこんなで無事セラピーは終了。
まさにびっくりセラピーでした。

そして、やっぱりもうすべては完璧なのだ!
何にも足りないものなんてないんだってことを
またまた実感する機会となりました。

沙羅ちゃん、素晴らしい体験をありがとね


沙羅ちゃんおヒプノセラピーに興味のある方は
どうぞ、こちらへ♪↓

沙羅☆地球での日々






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumokumo333.blog31.fc2.com/tb.php/371-72019973

 | HOME | 

プロフィール

Author:Yoko Hurdy
東京(国分寺・新宿)にて
★子宮ヒーリング
★0のセッション
★瞑想会 講座

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しくはHPをご覧ください。↓↓

★Hurdy Gurdy★
ハーディ ガーディ HP


お問い合わせは↓こちら♪
hurdygurdy.ciao@gmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

お知らせ (42)
体験談 (35)
0のセッション (8)
子宮ヒーリング (66)
リコネクション (17)
リーディング (2)
天然石アクセサリー (9)
スピリチュアル (13)
雑考・雑記 (202)
心と身体の話 (36)
自然 (14)
アート・音楽 (12)
不思議な話 (12)
未分類 (49)
瞑想 (18)
瞑想会 (12)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示